メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バケツ稲、たわわに実る 亀山でコンテスト 最優秀賞に松山さん /三重

 バケツに稲を植え、持ち運びもできるコンパクトな水田「バケツ稲」。その出来栄えを競うコンテストが23日、亀山市川合町のスーパーマーケット、マルヤス亀山店で開かれた。ひとつかみの稲の成長を間近で観察する機会を通じて生産者の苦労や食品の大切さを理解してもらおうと、JA全農みえと県、同スーパーが企画した。

 今年5月、希望者50人に県の新品種「三重23号」を植えた「バケツ稲」を配布。7月には専門家によるアドバイスを…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです