メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張市民剣道大会 得意技で攻め勝つ!! 150人が練習成果競う /三重

熱戦を繰り広げる参加者ら=三重県名張市蔵持町里の市武道交流館いきいきで、衛藤達生撮影

 名張市民剣道大会(市など主催)が23日、同市蔵持町里の市武道交流館いきいきであった。同市と伊賀市青山地区の小学生から一般までの約150人が参加し、団体戦3部門と個人戦8部門で練習の成果を競った。

 約60年続く伝統の大会で、現在は市民体育大会の一環として開催されている。

 高校男子個人の部に出場する名張高2年の…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです