メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新図書館、複合施設に ホテルやホール 綾部市制70周年事業で /京都

新図書館建設候補地になっているJR綾部駅北側の空き地=京都府綾部市青野町で、佐藤孝治撮影

 綾部市は、JR綾部駅北側の同市青野町で計画する新図書館について、ホテルと多目的に使えるコンベンションホールを加えた複合施設として建設する構想を明らかにした。建設に向け財源や手法を庁内のプロジェクトチームで検討し、来年迎える市制施行70周年の記念事業に位置付けたい考えだ。

 新図書館は、旧簡易裁判所施設を増改築して使う今の市立図書館(同市新宮町)が手狭で老朽化したため計画。施設面積を約2倍にするなど構想を固めていたが…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです