メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迫力の揮毫に拍手 筆まつりに5万人 熊野 /広島

特殊布に揮毫する室井玄聳さん=広島県熊野町の榊山神社で、手呂内朱梨撮影

 全国の約8割の筆生産量を誇る熊野町で23日、恒例の「第85回筆まつり」(筆まつり実行委員会主催)が開かれた。地元のメーカー約30社が特別価格で販売する「筆の市」や大きな布に揮毫(きごう)する「大作席書」があり、約5万人が訪れた。

 大作席書では創玄書道会理事長で毎日書道会理事を務める室井玄聳さんが畳約20畳分の特殊布に揮毫。互いに言葉を用い…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです