迫力の揮毫に拍手 筆まつりに5万人 熊野 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
特殊布に揮毫する室井玄聳さん=広島県熊野町の榊山神社で、手呂内朱梨撮影
特殊布に揮毫する室井玄聳さん=広島県熊野町の榊山神社で、手呂内朱梨撮影

 全国の約8割の筆生産量を誇る熊野町で23日、恒例の「第85回筆まつり」(筆まつり実行委員会主催)が開かれた。地元のメーカー約30社が特別価格で販売する「筆の市」や大きな布に揮毫(きごう)する「大作席書」があり、約5万人が訪れた。

 大作席書では創玄書道会理事長で毎日書道会理事を務める室井玄聳さんが畳約20畳分の特殊布に揮毫。互いに言葉を用い…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

ニュース特集