メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漢陽都城~ソウルの城郭を歩く 階段延々と、膝笑う

秋の青空に映える城郭=駱山区間の東大門からの登り口で、大澤重人撮影

 ソウル市の市街地を取り囲む城郭がある。漢陽(ハニャン)都城(トソン)。全長18・6キロ。朝鮮王朝時代に四方の山の稜線を利用して築かれた。約600年間、都の喜怒哀楽を見守り続けてきた。その存在を偶然知り、昨秋から全4区間の踏破を1区間ごと挑戦している。晩夏の今月3日、3区間目となる最難関の急峻(きゅうしゅん)な白岳山(ペガクサン)区間(別名・北岳山(プガクサン)、標高342メートル、4・7キロ)を歩いた。【大澤重人・56歳】

 市北東部の恵化門(ヘファムン)から出発して早々、Wi―Fi(ワイファイ)がつながらなくなった。スマ…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです