メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

増税前でも10%注意 契約時に確認を 振り袖着付け一式20万円に差額請求

成人式の準備で呉服店を訪れた原口優奈さん(中央)と母明子さん(右)。商品の引き渡しが今月中で税率は8%と分かり笑みがこぼれた=福岡市中央区天神で

 消費税率が8%から10%へ引き上げられる10月1日まで24日であと1週間となった。駆け込み商戦が盛り上がる中、成人式の振り袖やランドセルの購入などで「増税前なのに税率が10%だった」という相談が消費者窓口に相次いでいる。今回の増税では、定期券など増税後に必要な商品やサービスでも増税前に支払う場合は8%が適用される「経過措置」があるが、振り袖やランドセルなどは対象外で、増税直前まで消費者側に困惑が広がっている。

 国民生活センターによると、東海地方の60代女性は今年8月、小学校入学を来春に控えた孫のランドセルを購入した。予約販売で、現物は11月に届くこととなり、代金には10%の消費税が含まれていた。女性は「増税前なのに納得がいかない」と相談を寄せた。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スウェーデンも5Gでファーウェイを禁止 安保上の懸念を理由に

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです