メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾン、原生林のような農地に 日本人移民奮闘(その1)

森林農業を実践する峰下興三郎さん。農地はまるで原生林のようだ=ブラジル北部トメアスで

 南米ブラジルのアマゾンで熱帯雨林の破壊が深刻化する中、北部パラ州トメアスで定着した森林農業「アグロフォレストリー」が注目されている。森林を伐採したり焼き畑をしたりして農地を広げる伝統的手法と異なり、原生林と似たような農地を育てるため「環境に優しい」と定評がある。定着させたのは日本からの移民たちだ。

 州都ベレンから車で約4時間。トメアス中心部に近い峰下興三郎さん(80)の農地では、熱帯作物のコショウやカカオだけでなく、樹木のアサイーなどが生い茂っていた。まるで原生林のようだ。「昔のように森を…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです