メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

日米首脳会談 米が攻勢、日本譲歩 25日

 米ニューヨークで開催中の国連総会に合わせ、現地時間の25日に日米首脳会談が開かれる。日米が閣僚級で大枠合意した貿易協定について、安倍晋三首相とトランプ米大統領は合意事項をまとめた文書に署名する方針だ。これまでの協議では日本は米国の攻勢を受け、協定は米国への譲歩が目立つ内容になりそうだ。一方、両首脳はイラン情勢についても意見を交わす予定。サウジアラビアの石油施設攻撃で緊張が高まる米国とイランの仲介役としての成果が問われる。安倍首相は23日、政府専用機で羽田空港を出発した。

この記事は有料記事です。

残り2297文字(全文2535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです