メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

片山虎之助氏/下 「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」 往時の「風景」を実証

 これは歴史を「新鮮なもの」にしてくれる書物だ。日清戦争から太平洋戦争までの歴史で、どうして日本人は戦争を選んだか。その論理や背景と事情を、加藤陽子先生は押し付けがましくなく、つまびらかにしてくれる。

 中高生でもわかる内容になっているのは、もともと中高生向け授業のテキストだったからだ。1935(昭和10)年生まれの私にとっても、何度も「目からうろこ」が落ちて、タイトルの「それでも」の意味がどうにか理解できた気になった。良い本だ。

 あの戦争について「バカな戦争だった」という結果論からする評価は、一番簡単だが正鵠(せいこく)を得てはいない。この本は「その時、その立場にいた歴史上の人物には、違う風景が見えていた」ということを、当時の関係者の日記などの資料から立証し、説得力がある。教条的、断定的でなく、多角的、実証的に論考している。昨今の国際情勢と当時とを安易には比較できないが、「歴史に学ぶ」「真実を知る」という姿勢は必要で、そ…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです