メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲発

校閲発 春夏秋冬

山本康一氏

 日本を代表する中型国語辞典の一つ「大辞林」の第4版が5日、発売された。13年ぶりの全面改訂で、収録項目数は第3版から1万3000増えて25万1000項目になった。改訂のポイントや辞書の役割などについて、三省堂大辞林編集部の山本康一編集長に聞いた。【聞き手・佐原慶】

――大辞林の特徴は。

 特徴は二つある。一つは中型国語辞典として古語から現代語まで扱う「日本語の基本辞典」であること。もう一つは、「新しい時代の基本辞典」として、現在の社会・文化を映す新語や新しい語義を積極的に収録し、現代語の記述に重点を置いていること。古代から現代を貫く日本語の「縦軸」と、現代社会の「横軸」を共に対象としている。例えば「おどろく」という多義語は、「びっくりする」という現代語義から解説し、その後に「目がさめる」「はっと気づく」という語源を載せている。

――出版のタイミングが今年になったのは。

この記事は有料記事です。

残り2769文字(全文3156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです