連載

校閲発

紙面の文章や文字に誤りがないかチェックする校閲部の記者が、間違えやすい表現や文字などを紹介します。

連載一覧

校閲発

校閲発 春夏秋冬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山本康一氏
山本康一氏

 日本を代表する中型国語辞典の一つ「大辞林」の第4版が5日、発売された。13年ぶりの全面改訂で、収録項目数は第3版から1万3000増えて25万1000項目になった。改訂のポイントや辞書の役割などについて、三省堂大辞林編集部の山本康一編集長に聞いた。【聞き手・佐原慶】

紙と電子 ともに進化 大辞林編集部・山本編集長に聞く

――大辞林の特徴は。

 特徴は二つある。一つは中型国語辞典として古語から現代語まで扱う「日本語の基本辞典」であること。もう一つは、「新しい時代の基本辞典」として、現在の社会・文化を映す新語や新しい語義を積極的に収録し、現代語の記述に重点を置いていること。古代から現代を貫く日本語の「縦軸」と、現代社会の「横軸」を共に対象としている。例えば「おどろく」という多義語は、「びっくりする」という現代語義から解説し、その後に「目が…

この記事は有料記事です。

残り2787文字(全文3156文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集