メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名将が説く

原巨人5年ぶりV/中 古葉竹識氏 戦況見極め集中

 原辰徳監督に導かれ、5年ぶりにセ・リーグを制した巨人。かつてリーグ優勝を経験した監督が語る「名将が説く」。2回目は、広島監督としてリーグ制覇4回、日本一3回を誇る古葉竹識(たけし)氏(83)。【岸本悠】

 古葉氏は監督時代、心に決めていたことがある。「負けた時は、ナインにもコーチ陣にも何の責任もない。悪いのはすべて監督。いつもオーナーにはその覚悟を伝えていた」。原監督も同じく負けても選手やコーチのせいにはしない。だから、古葉氏は「原監督はよく頑張って勝ちにつなげた」とたたえる。

 古葉監督といえば、試合中にベンチの端に立ち、テレビ中継では顔の半分が壁に隠れて映し出されることが多…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです