メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 西武5-3楽天 レオ王手、メヒア一掃打 守護神・増田、初の30S

 西武が競り勝った。同点の八回2死満塁で代打・メヒアが左中間への走者一掃の二塁打を放って、試合を決めた。抑えの増田がプロ7年目で自身初の30セーブ。楽天は3番手・ブセニッツが誤算だった。

八回、代打で決めた「M2」

 西武の代打・メヒアが高く打ち上げた白球は左中間に落ち、満塁の走者が次々と本塁を駆け抜けた。八回に飛び出した勝ち越し打。「負けられない試合。タフな場面だったが、何とかしたかった」。二塁ベース上のメヒアは、歓喜に沸く一塁ベンチに満面の笑みを送った。

 悪い流れに傾きかけていた。先発・本田が七回、楽天・ブラッシュに同点2ランを浴びた。肩を落としてベン…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです