メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

限界試すピッチへ再び J2新潟・DF早川、急性白血病乗り越え

試合後にチームメートらとハイタッチする早川(左)

 2016年に急性白血病を発症して戦列を離れたサッカーJ2新潟のDF早川史哉(25)が公式戦出場という完全復帰を目指している。8月17日のホームでの岡山戦で約3年4カ月ぶりにベンチ入りし、以降6試合連続で出番を待っている。「病気になった後の自分の限界はまだ分からない。自分の可能性を常に信じているからこそ、まだまだ良くなる確信がある」と、ピッチに立つ日を思い描いている。【福田智沙】

 8月17日は記憶に残る日になった。約3年前、病室の窓越しに眺めていた本拠地のデンカビッグスワンスタ…

この記事は有料記事です。

残り2247文字(全文2488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです