メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 カシマスタジアムで5日に行われた男子の日本とパラグアイの親善試合のキックオフ直前、4―2―3―1の布陣にGKを加えた11人を見て、「日本のサッカーもここまで来たのか」との感慨に襲われた。

 最終ラインの4人は、長友(ガラタサライ)と酒井(マルセイユ)のサイドバックに、吉田(サウサンプトン)と冨安(ボローニャ)のセンターバック(CB)。

 長友が、かつてイタリアのインテル・ミラノでレギュラーとしてプレーしたのは承知の通り。つまり、日本の…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです