メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なつぞら

第25週視聴率21.4% なつ&千遥&咲太郎の3兄妹 絆を取り戻す(MANTAN WEB)

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」主演の広瀬すずさん

[PR]

 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」(9月16~21日)の週間平均視聴率が21.4%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが9月24日、分かった。これで6週連続で20%の大台をキープ。ドラマは23日から最終第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」がスタートし、28日に最終回を迎える。

 第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」は、なつ(広瀬さん)と妹・千遥(清原果耶さん)の約30年ぶりの再会が実現。後日、東京・神楽坂の小料理屋で働いているという千遥の元を兄の咲太郎(岡田将生さん)らを伴って訪ねたなつは、その別れ際、父からの手紙を千遥に渡す。やがて心を開いた千遥から「お店を辞めたい」と聞いたなつは、千遥の義母の雅子(浅茅陽子さん)と対面。千遥の思いを聞き入れてもらうことに成功し、なつ、千遥、咲太郎の3兄妹は家族としての絆を取り戻す……という展開だった。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです