メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党、「全世代型社会保障制度改革」の議論開始 12月上旬までに提言

自民党の岸田文雄政調会長=川田雅浩撮影

 自民党は24日、党本部で「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)を開き、安倍晋三首相肝いりの「全世代型社会保障制度改革」の具体化に向けて議論を始めた。12月上旬までに提言を出し、政府が年内にまとめる中間報告に反映させたい考えだ。

 岸田氏は冒頭で「2022年から団塊の世代が75歳になり始める。残された時…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです