メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党、「全世代型社会保障制度改革」の議論開始 12月上旬までに提言

自民党の岸田文雄政調会長=川田雅浩撮影

 自民党は24日、党本部で「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)を開き、安倍晋三首相肝いりの「全世代型社会保障制度改革」の具体化に向けて議論を始めた。12月上旬までに提言を出し、政府が年内にまとめる中間報告に反映させたい考えだ。

 岸田氏は冒頭で「2022年から団塊の世代が75歳になり始める。残された時…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです