メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮半島の恒久的な平和構築を再確認 米韓首脳会談

韓国の文在寅大統領

 トランプ米大統領と文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は23日、国連総会出席のため滞在中のニューヨークで約1時間会談した。韓国の青瓦台(大統領府)によると、両首脳は北朝鮮が米国との対話再開の意思を示していることを評価し、初の米朝首脳会談(昨年6月)での合意を基に北朝鮮との敵対関係を終息させ、朝鮮半島の恒久的な平和体制を構築することを再確認した。

 会談冒頭、トランプ氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との再会談の可能性について「どうなるか分からない。人々は実現を望んでいるが、どのような成果が得られるか見極めたい」と述べた。一方で、米朝両国が対話局面に入ってから北朝鮮は一度も核実験をしていない、と改めて指摘。今夏に相次いだ北朝鮮による短距離ミサイル実験については、金氏との協議で議題にしたことはないと繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです