特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

グレタ世代vsトランプの米国 懐疑派が「温暖化否定本」無料で30万部以上、教育現場に送付

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気候変動の懐疑論者が主張を展開したシンポジウム=米ニューヨークで2019年9月23日、隅俊之撮影
気候変動の懐疑論者が主張を展開したシンポジウム=米ニューヨークで2019年9月23日、隅俊之撮影

 米中西部インディアナ州のブルーミントン南高校で地球科学を教える教諭のキルステン・ミルクスさん(39)が、「なぜ科学者は地球温暖化に同意していないのか」という一冊の本を受け取ったのは2017年春。米保守系のシンクタンクで、気候変動に懐疑的なことで知られる「ハートランド研究所」(イリノイ州)からだった。学校に個人名で直接送られてきた110ページ以上の本は、公的機関が作成したような“それらしい装丁”だったが、ミルクスさんは数ページめくってうんざりした。

 「化石燃料の使用が地球の気候に影響を与えるということに科学者の同意はない」。「北極圏の氷の融解は異常なペースでは起きていない」。人類の産業活動が生み出す温室効果ガスが気候変動に影響を与えているという国際的な見解を片っ端から否定していた。ハートランド研究所はこの本を米国内の小中高校の教諭など30万人以上の教育関係者に無料で送っていた。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1807文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集