メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パプアで暴動再燃 26人死亡、60人以上負傷 フェイクニュースが原因か

インドネシア東部パプア州ワメナで23日に起きた暴動で立ち上る黒煙=国軍提供

 インドネシア東部パプア州ワメナで23日、反政府デモが暴動に発展し、国家警察によると、少なくとも市民26人が死亡し、60人以上が負傷した。暴徒化したデモ隊による建物への放火に巻き込まれた住民が犠牲になったという情報もある。州都ジャヤプラでも大学生と治安部隊が衝突し、兵士1人を含む4人が死亡した。警察は24日までに暴動に関わったとして約1000人を一時拘束した。

 パプア、西パプアの両州では8月以降、差別的な境遇に不満を持つパプア人らによる抗議運動が拡大していた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです