メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亡くなった大切な人へ 120通超の手紙「たき上げ供養」 京都・大聖寺

焚き上げ供養に向けて、「緑のポスト」に投函された手紙を手にする松尾眞弘住職=京都府舞鶴市の大聖寺で2019年9月23日午後1時11分、行方一男撮影

 京都府舞鶴市北吸の大聖寺(松尾眞弘住職)で23日、亡くなった大切な人への手紙を承る「緑のポスト」に投函(とうかん)された手紙のたき上げ供養が初めて営まれた。参列した参拝者らは手を合わせながら手紙が故人に届くよう祈っていた。【行方一男】

 ポストは約30年前、特定郵便局長をしていた檀家(だんか)から寄進され、本物と間違われないよう緑に塗り替えて境内に置き、さい銭箱として活用していた。数年前、亡くなった我が子につづった母親の手紙が投函されており、送り主の思いを込めて供養したのがきっかけとなった。その後も何度か亡き人を思って書いたと思われる封筒が入っていたため、檀家から「故人への手紙が出せるポストにしたらどうか」と勧められ、今年6月から「緑のポスト」と名付け、故人への手紙を受け…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです