メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

名古屋地裁=名古屋市中区で2019年1月撮影

 名古屋市中区錦3の漫画喫茶で昨年5月に男性銀行員を刺殺し、現場に駆け付けた警察官も殺害しようとしたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、稲田府見洋(ふみひろ)被告(23)の裁判員裁判の初公判が24日、名古屋地裁(神田大助裁判長)で開かれた。稲田被告は起訴内容を認めたが、弁護側は事件当時の刑事責任能力と殺人未遂罪の成立について争う姿勢を示した。

 検察側は冒頭陳述で「アルバイトをしながら各地を転々とする不安定な生活で不安といら立ちを感じ、他人を殺したいと思うに至った」と指摘。「被害者が紙をめくる音に立腹し、殺害した」と述べた。一方、弁護側は「被告は事件当時、統合失調症の症状で善悪の判断がつかず、行動を制御できなかった」として責任能力はなかったと主張。殺人未遂罪については実行行為も殺意もなかったとした。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです