メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

記者会見で説明する高知市の岡崎誠也市長=高知市役所で2019年9月24日午後1時33分、郡悠介撮影

[PR]

 高知市の岡崎誠也市長(66)は24日、市役所で記者会見し、高知県四万十市内の県道を22日に運転中、制限速度を29キロ超過する違反をして県警に摘発されたと発表した。「台風17号の接近もあり、影響が出ないうちに高知市内に戻ろうと焦っていた」と釈明した。

 岡崎市長は休日だった22日午前11時20分ごろ、四万十市江ノ村付近の県道を時速79キロで走行中、取り締まり中の警官に摘発された。親族の墓参りのため、同県宿毛市に家族1人を乗せて向かっていたといい、反則金を近く納付する。

 岡崎市長は2003年に初当選し、現在4期目。任期中のこれまでは無事故・無違反で、免許はゴールド免許という。違反の責任を取り、自身を減給処分とする議案を市議会に提出する。また、22日は秋の全国交通安全運動の期間中で、岡崎市長はイベントで交通安全を呼び掛けていた。会見で「速度違反の認識はなかった。多くの関係者と市民に迷惑を掛けて申し訳ない」と謝罪した。

 岡崎市長は任期満了に伴う11月の市長選への出馬を表明しており、「市長選に出馬する意向に変わりはない」と説明した。【郡悠介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです