メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「必死で育てたのに」…観賞用メダカ、各地で盗難相次ぐ、400万円超被害も

3色ラメ幹之=日本メダカ協会提供

 品種改良でさまざまな色や形の新種が登場し、近年ブームとなっている観賞用メダカが、飼育場や店舗から盗まれる被害が相次いでいる。ブームの火付け役になった品種を作り出した愛媛県今治市の飼育者は今年7月と今月、立て続けに盗まれ、被害額は400万円超相当。新潟や栃木などでもメダカが狙われ、飼育者らは「必死で育てたのに……」と憤っている。

 全国から約300点のメダカが出品される品評会を毎年2回開催し、新種の認定・登録を行っている「日本メ…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです