メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「必死で育てたのに」…観賞用メダカ、各地で盗難相次ぐ、400万円超被害も

3色ラメ幹之=日本メダカ協会提供

 品種改良でさまざまな色や形の新種が登場し、近年ブームとなっている観賞用メダカが、飼育場や店舗から盗まれる被害が相次いでいる。ブームの火付け役になった品種を作り出した愛媛県今治市の飼育者は今年7月と今月、立て続けに盗まれ、被害額は400万円超相当。新潟や栃木などでもメダカが狙われ、飼育者らは「必死で育てたのに……」と憤っている。

 全国から約300点のメダカが出品される品評会を毎年2回開催し、新種の認定・登録を行っている「日本メダカ協会」(広島県廿日市市)によると、品種改良は2000年ごろから徐々に盛んになり、現在600品種以上ある。体が金魚のように赤い「楊貴妃」や、背中が青白く光る「幹之(みゆき)」が04年、07年にそれぞれ誕生してブームは加速。初心者でも簡単に飼育・繁殖できることや、種類が豊富なことから人気を集めている…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです