メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙滞在、雄マウスの生殖能力に影響なし 哺乳類では初の成果

 大阪大などの研究チームは24日、放射線や重力変化を受ける宇宙空間で約1カ月間、飼育した雄のマウスを調べたところ、生殖能力に影響はなかったと発表した。地上で生まれた子供への影響も確認されなかった。研究チームは「哺乳類を使った初めての成果。人類が宇宙に活動領域を広げる上で重要なデータになる」と強調する。

 宇宙に滞在して人体がどんな影響を受けるか、不明なことが多い。国内外の研究機関がマウスでの実験を試み…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです