宇宙滞在、雄マウスの生殖能力に影響なし 哺乳類では初の成果

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪大などの研究チームは24日、放射線や重力変化を受ける宇宙空間で約1カ月間、飼育した雄のマウスを調べたところ、生殖能力に影響はなかったと発表した。地上で生まれた子供への影響も確認されなかった。研究チームは「哺乳類を使った初めての成果。人類が宇宙に活動領域を広げる上で重要なデータになる」と強調する。

 宇宙に滞在して人体がどんな影響を受けるか、不明なことが多い。国内外の研究機関がマウスでの実験を試みたが、生きたまま帰還させられる宇宙での飼育手法が確立しておらず、成果は出ていなかった。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文628文字)

あわせて読みたい

ニュース特集