メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレ朝、セクハラで「報道ステーション」チーフプロデューサーを謹慎処分

テレビ朝日=東京都港区で、曽根田和久撮影

[PR]

 テレビ朝日の早河洋会長は24日の記者会見で、報道局の男性社員をハラスメントに当たる不適切な行為で謹慎処分としていたことを認め、「会社としても極めて重く受け止め、再発防止をより徹底していく」と反省の意を示した。また、男性が平日夜のニュース番組「報道ステーション」のチーフプロデューサー(CP)だったことを認めた。

 今月上旬、同番組のCPが女性社員にセクハラ行為をしていたと週刊誌などが報道していた。テレ朝は、8月30日付で社員を謹慎の懲戒処分とし、担当の職務を解いたという。

 早河会長は、財務事務次官(当時)による女性記者へのセクハラが昨年、顕在化したことを踏まえ、「会社として、女性記者の訴えを受け止められなかったとの反省があり、役職員全員にコンプライアンス研修を実施してきた。それにもかかわらず、今回の件が起こったことは非常に残念だ」と述べた。すでに「ハラスメント問題対策会議」を設置し、意識改革などに努めているという。【屋代尚則】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです