メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレ朝、セクハラで「報道ステーション」チーフプロデューサーを謹慎処分

テレビ朝日=東京都港区で、曽根田和久撮影

[PR]

 テレビ朝日の早河洋会長は24日の記者会見で、報道局の男性社員をハラスメントに当たる不適切な行為で謹慎処分としていたことを認め、「会社としても極めて重く受け止め、再発防止をより徹底していく」と反省の意を示した。また、男性が平日夜のニュース番組「報道ステーション」のチーフプロデューサー(CP)だったことを認めた。

 今月上旬、同番組のCPが女性社員にセクハラ行為をしていたと週刊誌などが報道していた。テレ朝は、8月30日付で社員を謹慎の懲戒処分とし、担当の職務を解いたという。

 早河会長は、財務事務次官(当時)による女性記者へのセクハラが昨年、顕在化したことを踏まえ、「会社として、女性記者の訴えを受け止められなかったとの反省があり、役職員全員にコンプライアンス研修を実施してきた。それにもかかわらず、今回の件が起こったことは非常に残念だ」と述べた。すでに「ハラスメント問題対策会議」を設置し、意識改革などに努めているという。【屋代尚則】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです