メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1000キロ以上離れた中国から? 北海道・知床に赤い風船が飛来

中国から飛んできたとみられる風船を持つ湊謙一さん=北海道知床で2019年9月24日午後2時5分、本間浩昭撮影

 世界自然遺産の北海道知床半島に24日、「慶祝中華人民共和国成立70周年」と書かれた赤い風船が飛来し、海岸線で回収された。中国建国70年となる10月1日の「国慶節」(建国記念日)を祝う風船とみられる。

 24日午前8時ごろ、羅臼町八木浜町の海岸線に、風船が降りてきたのを観光会社の男性従業員が見つけた。風船は二重構造で、外側は透明のビニールの球(直径約27センチ)。そ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです