メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・阿部慎之助が現役引退へ 球界屈指の「強打の捕手」

優勝して阿部慎之助(左)と抱き合う巨人の原辰徳監督=横浜スタジアムで2019年9月21日、宮武祐希撮影

 プロ野球・巨人の阿部慎之助捕手(40)が今季限りで現役引退する。既に球団側に意思を伝え、了承された。近く記者会見を開く。24日、球団関係者が明らかにした。通算2000安打、400本塁打を達成した球界屈指の「強打の捕手」。プロ19年目の今季は主に代打で起用され、チームの精神的な支柱として5年ぶりのセ・リーグ優勝に貢献した。

 阿部は24日午前、同日夜の阪神戦のため阪神甲子園球場へ向かう新幹線に乗り込む前、JR東京駅で報道陣に「いろんな人と連絡していたから寝ていない」とだけ語った。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです