メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・阿部慎之助が現役引退へ 球界屈指の「強打の捕手」

優勝して阿部慎之助(左)と抱き合う巨人の原辰徳監督=横浜スタジアムで2019年9月21日、宮武祐希撮影

 プロ野球・巨人の阿部慎之助捕手(40)が今季限りで現役引退する。既に球団側に意思を伝え、了承された。近く記者会見を開く。24日、球団関係者が明らかにした。通算2000安打、400本塁打を達成した球界屈指の「強打の捕手」。プロ19年目の今季は主に代打で起用され、チームの精神的な支柱として5年ぶりのセ・リーグ優勝に貢献した。

 阿部は24日午前、同日夜の阪神戦のため阪神甲子園球場へ向かう新幹線に乗り込む前、JR東京駅で報道陣に「いろんな人と連絡していたから寝ていない」とだけ語った。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです