メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山川「本塁打よりうれしい」中村「ほぼ1年間できた」・・・V2西武の選手一言集

【ロッテ-西武】三回表西武無死一塁、2点本塁打を放ち「どすこい」ポーズを決める山川(手前右)と一緒に喜ぶ西武の選手たち=千葉・ZOZOマリンスタジアムで2019年9月24日、梅村直承撮影

 パ・リーグは24日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた西武が1試合を残して2年連続、リーグ最多を更新する23回目(前身の西鉄時代を含む)の優勝を果たした。選手のコメントは次の通り。

 西武・秋山 最後は1年間苦しかったなと思っていた。残り何試合かになった時に明らかにファンも選手も目の色が変わった。熱気の帯び方が違った。去年とは違う感じで取った優勝。

 西武・山川 (三回に2ラン)勝てたことが一番いいですね。本塁打もうれしいが、それよりもうれしいこと…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです