メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

昔の人はどんな歯ブラシや歯みがき粉を使っていたのですか。また虫歯の治療はどうしていましたか。

歯磨きに使われていた道具。古い順に下から順に歯木、房楊枝が2本、明治時代の竹製の歯ブラシ、昭和初期の歯ブラシです

[PR]

房楊枝での歯みがきの様子を描いた小林清親の版画=横浜市中区住吉町の歯の博物館で
木製の入れ歯。江戸時代には入れ歯作りの専門職もいて人々の間に広まり始めたそうです

 Q むかしひとはどんなブラシやみがき使つかっていたのですか。また虫歯むしば治療ちりょうはどうしていましたか。(京都府京田辺市きょうとふきょうたなべししょう6、天児あまこ陽貴はるたかさん)

    ほぐした小枝こえだ使つかう 虫歯むしば治療ちりょうは「いのる」

     A 神奈川県横浜市かながわけんよこはましにある「博物館はくぶつかん」で、大野粛英おおのとしひで館長かんちょうきました。

        □

     仏教ぶっきょうにはみがきについていたおきょうがあるそうです。古代こだいインドで仏教ぶっきょうひろめたお釈迦しゃかさまが、ほとけさまをおまいりするまえくちをきれいにする方法ほうほうおしえたものです。みがきに使つかったのは「ぼく」という道具どうぐです。ニーム(インドセンダン)というえださきをかんでほぐしてふさにして使つかいます。

     お釈迦しゃかさまの時代じだいいまから2500ねんほどまえです。いまでもインドやアフリカではぼくでみがく習慣しゅうかんのこっているそうです。

     ぼく仏教ぶっきょうとともにインドから中国ちゅうごくつたわりました。中国ちゅうごくにはニームのがなく、わりに楊柳ようりゅう(ヤナギ)のえだ使つかわれました。このため「楊枝ようじ」とばれます。その日本にっぽん仏教ぶっきょうつたわり、ぼくみがきももたらされます。上流階級じょうりゅうかいきゅうきよめる儀式ぎしきとしてみがきをしていました。

     江戸時代えどじだいになると「ふさ楊枝ようじ」として商品しょうひんされ、庶民しょみんひろまります。ふさ楊枝ようじえだのはしっこをて、たたいてやわらかくし、繊維せんいをほぐしてつくります。

     この時代じだいにはみがきひろまります。材料ざいりょうちゃわんなどをつくるのに使つか粘土ねんどこまかいつぶで、かおりをけるなどして利用りようしました。江戸時代えどじだい後期こうきには100種類しゅるい以上いじょうみがきられていたそうです。

     また、虫歯むしば治療法ちりょうほうですが、庶民しょみんはおまじないや神仏しんぶつにすがるしかありませんでした。最後さいご虫歯むしば悪化あっかしてかれる運命うんめいでした。いたあと金持かねもちはをつくり、庶民しょみんはほったらかしという状態じょうたいでした。

     むかしみがきは、きよめる儀式ぎしき影響えいきょうのこっていて、あさきたときにみがく習慣しゅうかんでした。食後しょくごにみがくようになったのは、幕末ばくまつから明治めいじはじめのころです。虫歯むしば予防よぼうなどの知識ちしき西洋せいようからはいったあとのことだそうです。【上田うえだ泰嗣やすつぐ

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

    2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

    3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

    5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです