メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武豊 凱旋門賞出走消えた…騎乗馬ブルームが体調整わず回避(スポニチ)

[PR]

 10月6日にパリロンシャン競馬場で行われる仏G1「凱旋門賞」で、武豊(50)が騎乗を予定していた英ダービー4着馬ブルーム(牡3=愛A・オブライエン)が、体調が整わず同レースを回避することになった。ブルームは6月末の愛ダービー(6着)に出走後、休養を挟んで英セントレジャー(9月14日)の出走を予定していたが回避。凱旋門賞に向けて調整を進めたものの、復調しなかったもよう。現時点で武豊の凱旋門賞騎乗予定はなくなったが、凱旋門賞と同日に行われる2歳G1・マルセルブーサック賞でサヴァラン(牝2=仏ファーブル)に騎乗するため30日〜10月7日のフランス渡航予定に変更はない。

     ▼武豊 ブルームが体調不良のため、凱旋門賞の出走を取りやめる旨の連絡がありました。楽しみにしていたので大変残念です。マルセルブーサック賞でサヴァランに騎乗するので、いい結果が出せるように頑張ります。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

    2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

    3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

    4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

    5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです