メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込みの超新星 玉井陸斗 13歳最年少V「やったな、くらい」(スポニチ)

[PR]

飛び込み 日本選手権最終日(2019年9月23日 石川県金沢プール)

 男子高飛び込みで玉井陸斗(13=JSS宝塚)が498・50点で優勝した。11日に13歳の誕生日を迎えたばかり。94年に13歳11カ月で同種目を制した寺内健(39=ミキハウス)を抜く、大会史上最年少優勝となった。4月の日本室内選手権も最年少で優勝したが、年齢制限により7月の世界選手権は不出場。東京五輪は年齢規定をクリアできるため、最終予選となる来年4月のW杯東京大会で代表入りを狙う。

     風格すら漂った。玉井が7月の世界選手権4位相当となる498・50点で優勝。2位に72・95差をつける圧勝だった。シニアデビューを優勝で飾った4月の日本室内選手権で記録した自己ベストも24・25更新。尊敬する寺内の保持していた最年少優勝も塗り替えたが「めちゃめちゃうれしいということはない。やったな、というくらい」と冷静だった。

     5カ月前から進化していた。練習では苦手の後ろ向き入水を重点的に特訓。前向き入水の2倍以上の時間を割いた成果もあり、入水時にしぶきの立たないノースプラッシュを連発した。身長が約3センチ、体重は約3キロ増え「ジャンプの高さが出なかったり、回転が遅くなった」ことから難易度よりも精度を重視。109C(前宙返り4回転半抱え型)を封印するなど日本室内選手権から2種目の難易度を下げ、得点を伸ばした。寺内は「自分が最年少優勝した時とは内容が違う。五輪で金メダルを狙える位置にいる。陸斗に更新してもらえてよかった」と目を細めた。

     年齢制限で世界選手権に出られなかったが、東京五輪は規定をクリアする。この種目は来年2月の選考会で2位以内となれば、五輪最終予選となる同4月のW杯東京大会の出場権を獲得。そこで18位以内に入れば、日本男子の五輪最年少出場が内定する。玉井は「世界には厳しい審判がいる。世界の大会でも500点近く出したい」と、既に視線を世界に向けていた。

     ▽五輪と年齢 日本人の最年少五輪出場は36年ガルミッシュパルテンキルヘン五輪のフィギュアスケート・稲田悦子の12歳0カ月で、夏季に限れば68年メキシコ五輪の競泳・竹本ゆかりの13歳6カ月となる。男子は32年ロサンゼルス五輪の競泳・北村久寿雄が14歳10カ月で、玉井が東京五輪に出場すれば男子最年少となる。世界では1896年アテネ五輪の体操競技平行棒団体で10歳7カ月で銅メダルを獲得したギリシャのディミトリオス・ロウンドラスが史上最年少出場、最年少メダリスト。

     ◆玉井 陸斗(たまい・りくと)2006年(平18)9月11日生まれ、兵庫県宝塚市出身の13歳。3歳の時にJSS宝塚で競泳を始める。小1の時に飛び込みを始め、小5から寺内らとともに練習する。今年4月に宝塚市立高司中に入学した。好きな食べ物は牛タンの焼き肉。趣味はゲーム。1メートル46、39キロ。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです