メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝 左大胸筋肉離れ 約6週間の加療必要 九州場所出場も微妙(スポニチ)

[PR]

 大相撲秋場所の優勝決定戦で左胸を痛めた関脇・貴景勝(23=千賀ノ浦部屋)が23日、都内の病院で精密検査を受け、左大胸筋肉離れで約6週間の加療が必要と診断された。師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が明かした。秋巡業は休場し、九州場所出場は微妙な状況だ。

      貴景勝は関脇・御嶽海との優勝決定戦で当たって押した際に左胸を痛めた。本割の隠岐の海戦で古傷の右膝を悪化させた影響で、いつも以上に腕で押した結果、胸部に負担が掛かり負傷。押した瞬間に痛めたため、すぐに引いてはたき込もうとしたが寄り切られた。

     千秋楽から一夜明けたこの日午前、都内の病院で検査し、そのまま千賀ノ浦部屋に直行して師匠に報告。同親方は「九州場所はまだ分からない。手術はしない方向でいくと思う。治りが早まることもあるし、もっと時間がかかることも考えられる」と説明。右膝は長引く痛みではないという。

     新大関だった夏場所で右膝を痛めて途中休場し、名古屋場所を全休。関脇に転落したがケガを克服して秋場所は10勝以上のノルマをクリアして大関復帰を果たした。膝の伸縮で圧力をかけるタイプだが、左利きで左おっつけやいなしも武器としているだけに、今後の力士人生への影響も懸念される。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

    2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

    3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです