メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト・山田哲、7試合ぶり35号 史上3人目の「35発&35盗塁」視界に(スポニチ)

[PR]

セ・リーグ ヤクルト5—9巨人(2019年9月23日 神宮)

 ヤクルトの山田哲が3回無死一塁で7試合ぶりとなる一発を放った。外角直球を「コースに逆らわずに打てた」と右翼に35号2ラン。昨季の本塁打数を上回り「打てるに越したことはない」とうなずいた。

     残り2試合で盗塁数は33。中西太(西鉄)、秋山幸二(西武)以来、史上3人目の「35本塁打、35盗塁」も視界に入った。初回にも適時三塁打を放って98打点。3年ぶり3度目の100打点の大台も目前となり「点を取るのが仕事。達成できるよう頑張りたい」と話した。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

    3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

    4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

    5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです