メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

社会学者・大澤真幸さん 自信を持たせてくれた街

 東京大学に受かった18の春、長野県松本市から吉祥寺に出てきました。「ジョージ」なんて言われ始め、人気が出てきたころです。そんなに先進的な街ではないと思いますが、僕には都会に見えました。1977年のことです。大学に入って最初の自己紹介の場で、同級生たちが半分自嘲気味に受験勉強の話を始めました。同級生には東京か、地方でも大都市の出身者が多く、彼らは受験のテクニックを心得ていたので、自分は田舎にいたんだ、何も知らなかったんだ、とつくづく感じました。

 僕が出た松本深志高校は旧制中学のイメージが強く残っていて、「立身出世して、日本の国を担いなさい」み…

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです