メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

官邸対応「問題なし」とは!?=与良正男

 「こんな現場を見たのは初めてでした」。台風15号の影響による停電がなお続く千葉県で、連日取材を続ける在京民放の女性リポーターは私にこう話した。

 彼女は東日本大震災をはじめ数々の被災地に足を運んできた。「初めて」と言うのは、当初現場で千葉県や地元自治体職員の姿をほとんど見かけなかった点を指す。

 屋根が吹き飛ばされたまま時間が止まっているような光景。被害を受けた人々は報道陣の姿を見て「見捨てられてはいない」と少しほっとしたかもしれない。

 千葉県などの初動対応が遅れたことはもう指摘するまでもないだろう。もちろん私たち新聞・テレビも台風直…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです