メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

官邸対応「問題なし」とは!?=与良正男

 「こんな現場を見たのは初めてでした」。台風15号の影響による停電がなお続く千葉県で、連日取材を続ける在京民放の女性リポーターは私にこう話した。

 彼女は東日本大震災をはじめ数々の被災地に足を運んできた。「初めて」と言うのは、当初現場で千葉県や地元自治体職員の姿をほとんど見かけなかった点を指す。

 屋根が吹き飛ばされたまま時間が止まっているような光景。被害を受けた人々は報道陣の姿を見て「見捨てられてはいない」と少しほっとしたかもしれない。

 千葉県などの初動対応が遅れたことはもう指摘するまでもないだろう。もちろん私たち新聞・テレビも台風直後は東京都内を中心とする鉄道網の大混乱ばかりに報道が集中してしまったのは紛れもない事実だ。大きな反省がある。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. トヨタがルマンV3、中嶋一貴らの8号車 小林可夢偉らの7号車が3位

  3. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです