メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

ドレスコード? 着る人たちのゲーム 同時代性を打ち出す=評・永田晶子

グッチ(デザイナー=アレッサンドロ・ミケーレ)2018年秋冬のルック

 服を選ぶ、それを着る。そんな日常的な「着る行為」に焦点を当てるのが本展。装いの背後に潜む欲望や意識、文化を京都服飾文化研究財団が所蔵するハイファッションと現代アート作品の両面から照射する。時代変遷やデザイナー個人に絞った設定が多いファッション展では異色の展観だ。

 13のキーワードに沿い、約110点を展示。特筆すべきは従来型のファッション展に比べ、同時代性を強く打ち出していることだ。例えばグッチが去年発表した漫画やキリスト教、野球などちぐはぐな要素を詰め込んだ服の横に、都築響一の写真作品が並ぶ。前者は伊の高級ブランド、後者は日本の…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです