メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

9月 私のおすすめ 倉本さおり(書評家)

 (1)馳平啓樹『かがやき』(水窓出版)

 (2)アンドリュー・ショーン・グリア著、上岡伸雄訳『レス』(早川書房)

 (3)石橋毅史『本屋がアジアをつなぐ』(ころから)

「働き」そして「生きる」

 「働くこと」と「生きること」。両者はもとより手段と目的の関係にはない。かといって、すっきりイコールで結ぶこともできない点に、今この国の苦しさがあるのだろう。

 (1)は実際に製造業に従事する作者の手による渾身(こんしん)の「ものづくり」小説。最終製品ではなく…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです