メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 NHK連続テレビ小説(通称・朝ドラ)100作目の「なつぞら」が大詰めである。内容については賛否両論あったが、私は100作目にふさわしい作品だったと思う。

 多くの朝ドラは、なんらかの職業に就くことを目指し、「なりたいもの」や「やりたいこと」に向かってまい進するヒロイン(時には男性主人公)を描いてきた。けれども朝ドラヒロインは同時に良妻賢母であることを求められる存在でもあったため、矛盾が生じがちだった。女性が結婚や出産後に仕事を続けることは困難を伴う。そのため結婚や出産を機に、情熱を持って目指していたはずの目標を諦めたり、仕事をやめたりするヒロインも少なくなかった。

 「なつぞら」は、戦災孤児のヒロインなつ(広瀬すず)が念願のアニメーターになり、結婚や出産を経験しな…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです