メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 本格操業再開議論へ 県漁連会長、各漁協で検討要請 /福島

 東京電力福島第1原発事故後、試験操業が続く福島沖の沿岸漁業について、本格操業の再開へ向けた漁業者による話し合いが始まる見通しになった。出荷制限魚種の解除が進んだことなどを受けて、県漁連の野崎哲会長が24日の地域漁業復興協議会で「試験操業の終了は明文化されておらず、そろそろ議論を始めなければいけない」と述べ、各漁協で進め方を検討するよう求めた。

 協議会では、先月、出荷制限が解除されたカサゴ、サクラマス、ムラソイの試験操業対象魚種への追加が了承…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです