メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた居場所

松実高等学園から 多様な生徒に対応 国際コースで就職も指導 /埼玉

リポート作成に取り組む小柳竜二さん(右)と弟の仁武さん=埼玉県春日部市中央1で

 不登校の児童・生徒を受け入れる松実高等学園(春日部市)の高等部には、専門コースを設定したANNEX(アネックス)校があり、通信制高校の技能連携校として多様な生徒を受け入れている。通常の日本語での就学が困難と思われる外国人生徒らを対象にした国際コースには4人が通っている。

 国際コースは2017年春に開設された。開設と同時に入学した3年生は、バングラデシュ人の男子生徒(24)と、日本人の父とフィリピン人の母を持つ小柳竜二さん(19)、弟の仁武(じむ)さん(17)。午前中に教員の助言を受けながら通信制課程のリポートを作成し、午後には週2回、日本語の授業を受ける。バングラデシュの男子生徒は外国人入学枠を利用した大学入学を目指している。午後からは受験科…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです