メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犯罪被害者支援 一人で悩ませない 県警唯一の臨床心理士・林恵美さん /岐阜

犯罪被害者らからの相談に応じる林恵美さん=岐阜県警提供

 日々発生する犯罪の被害者らに対して、心のケアにあたる県警唯一の臨床心理士がいる。県警広報県民課の職員、林恵美(えみ)さん(42)。14年間にわたり、被害相談に乗るなどしてきた林さんは「犯罪被害者が一人で悩まないよう対応し、精神的負担がなくなるようサポートしていきたい」と思いを語る。【沼田亮】

 林さんは県警に入る前、県内の中学校でスクールカウンセラーとして勤務した。ある時、県外から転校してきた女子生徒が、過去に性犯罪被害を受けたことを教諭を通じて聞いた。

 その生徒のカウンセリングにあたったが、度重なる警察の事情聴取や裁判所への出廷などで、生徒は精神的な…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです