メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

大津絵が再評価されているんだって? /滋賀

大津市内には大津絵がデザインされたマンホールがある=大津市浜大津で、諸隈美紗稀撮影

「元祖ゆるキャラ」知名度高め 鬼や外法、ブラックユーモアで表現

 なるほドリ 江戸時代に生まれ、全国に広まった「大津絵」に再び注目が集まっていると聞いたけれど、どうして?

 記者 大津絵は鬼や女性をモチーフにした肉筆絵画で、江戸時代初期に、追分町(大津市)周辺でお土産として売られたのが始まりです。風刺や教訓の意味が込められたキャラクターがおおらかに描かれていることなどから、「ゆるキャラ」の元祖ともいわれ、近年注目を浴びるようになりました。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た「第3波を防げなかった理由」

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです