メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

知識と経験生かす改革を 動物も幸せな場所に 天王寺動物園長・牧慎一郎さん /大阪

天王寺動物園長・牧慎一郎さん(48)=大阪市天王寺区で、松本光樹撮影

 「幸運の女神は前髪しかない」

 2013年12月、大阪市は天王寺動物園の改革を進めるために動物園改革担当部長を公募すると発表した。インターネットで公募を知り、科学技術庁(現文部科学省)に入庁してすぐ、先輩から言われた言葉を思い出した。

 「これは自分の仕事だ。チャレンジしないと後悔する」。文科省のキャリア官僚という立場を捨て、動物園の世界に飛び込んだ。

 吹田市出身。大阪大でサルの脳の仕組みを研究したが、「特別動物好きというわけではなかった」。入庁後、結婚したペンギン好きの妻と動物園巡りを始めたのがきっかけだった。全国の動物園を回ると、ペンギンにもいろんな種類がいること、園によって見せ方が違うことに気付いた。

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです