メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪聖火ランナー 県内1036人応募 12月ごろ23人決定 /鳥取

 2020年東京五輪の聖火ランナーの県内の応募状況を県実行委がとりまとめた。23人の公募人数に対し、総数は全19市町村で1036人だった。募集期間は8月31日までの2カ月間。

 県実行委事務局の県スポーツ課によると、市町村ごとの受付人数など詳細は非公表だが、老若男女、障害者、外国人などさまざまな人から…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです