メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火町高潮災害20年 悲劇繰り返さぬ 「鎮魂の碑」で慰霊祭 /熊本

読経が流れる中、焼香して手を合わせる地元関係者ら

 12人が亡くなり、住家47棟が全壊、37棟が半壊した熊本県宇城市不知火(しらぬい)町松合(まつあい)地区の高潮災害から20年を迎えた24日、地元の公園にある「鎮魂の碑」前で慰霊祭が営まれ、遺族や住民、松合小児童ら約80人が犠牲者の冥福を祈った。

 高潮は1999年9月24日未明、台風18号によって発生した。海岸堤防を越えた海水が一気に松合地区の住宅地を襲い、高齢…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです