メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火町高潮災害20年 悲劇繰り返さぬ 「鎮魂の碑」で慰霊祭 /熊本

読経が流れる中、焼香して手を合わせる地元関係者ら

 12人が亡くなり、住家47棟が全壊、37棟が半壊した熊本県宇城市不知火(しらぬい)町松合(まつあい)地区の高潮災害から20年を迎えた24日、地元の公園にある「鎮魂の碑」前で慰霊祭が営まれ、遺族や住民、松合小児童ら約80人が犠牲者の冥福を祈った。

 高潮は1999年9月24日未明、台風18号によって発生した。海岸堤防を越えた海水が一気に松合地区の住宅地を襲い、高齢…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです