メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 「おとぎ話」はやめて 怒るグレタ世代(その1)

国連気候行動サミットに参加した環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん=米ニューヨークの国連本部で23日、ロイター

 「人々は困窮し、死にひんし、生態系は壊れる。私たちは絶滅を前にしている。なのに、あなたがたはお金と、永続的経済成長という『おとぎ話』を語っている。よくもそんなことが!」。目に涙を浮かべ、怒りで小さな体を震わせる少女の叫びに、国連本部の総会ホールは静まりかえった。【ニューヨーク八田浩輔、隅俊之】

 23日に米ニューヨークで行われた国連気候行動サミット。深刻さを増す気候変動対策の機運を高めるため、若者世代の代表として招かれたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)は、ホールを埋めた各国の首脳や閣僚に厳しい言葉を浴びせ続けた。「あなたたちは空虚な言葉で、私の夢を、私の子供時代を奪った」

 グレタさんは、気候変動を加速させた大人たちとの世代間の不公正をただすための「学校ストライキ」を昨年…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです