メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、国連演説へ サウジ攻撃、イラン関与に触れず

 安倍晋三首相は24日午後(日本時間25日午前)に国連総会で一般討論演説を行い、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について卑劣極まる犯罪などと痛烈な表現で非難する。ただし、攻撃主体をどう見ているかには言及せず、米国などが主張する「イラン関与説」とは一線を画す。

 6月のイラン訪問時に最高指導者ハメネイ師から核兵器を「持た…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです