メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候行動サミット 脱炭素、実現遠く 77カ国、2050年までにゼロ

国連本部で開かれた気候行動サミット=米ニューヨークで2019年9月23日、ロイター

 深刻化する地球温暖化の抑制を目指す国連の気候行動サミットが23日、米ニューヨークの国連本部で開かれ、国連のグテレス事務総長は、77カ国が2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロとする目標を公表したと明らかにした。対策強化に向け、若者を中心に世論の圧力も高まっているが、各国の姿勢には依然として温度差があり、世界全体の排出増に歯止めはかかっていない。日本はサミットで発言機会がなかった。【八田浩輔、高本耕太(ニューヨーク)、大場あい】

 グテレス氏はサミットで「気候変動に伴う危機を止めるため、あらゆることを実施するのは我々の責務。行動…

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです