メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 「おとぎ話」はやめて 怒るグレタ世代(その2止)

キルステン・ミルクスさん

 

 米中西部インディアナ州のブルーミントン南高校で地球科学を教える教諭のキルステン・ミルクスさん(39)が、「なぜ科学者は地球温暖化に同意していないのか」という一冊の本を受け取ったのは2017年春。米保守系のシンクタンクで、気候変動に懐疑的なことで知られる「ハートランド研究所」(イリノイ州)からだった。学校に個人名で直接送られてきた110ページ以上の本は、公的機関が作成したような“それらしい装丁”だったが、ミルクスさんは数ページめくってうんざりした。

 「化石燃料の使用が地球の気候に影響を与えるということに科学者の同意はない」。「北極圏の氷の融解は異常なペースでは起きていない」。人類の産業活動が生み出す温室効果ガスが気候変動に影響を与えているという国際的な見解を片っ端から否定していた。ハートランド研究所はこの本を米国内の小中高校の教諭など30万人以上の教育関係者に無料で送っていた。

この記事は有料記事です。

残り2391文字(全文2786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです