メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 「おとぎ話」はやめて 怒るグレタ世代(その2止)

キルステン・ミルクスさん

 

懐疑派「危機ない」 石油業界が教材、米教師対抗 科学が「政治的に」

 米中西部インディアナ州のブルーミントン南高校で地球科学を教える教諭のキルステン・ミルクスさん(39)が、「なぜ科学者は地球温暖化に同意していないのか」という一冊の本を受け取ったのは2017年春。米保守系のシンクタンクで、気候変動に懐疑的なことで知られる「ハートランド研究所」(イリノイ州)からだった。学校に個人名で直接送られてきた110ページ以上の本は、公的機関が作成したような“それらしい装丁”だったが、ミルクスさんは数ページめくってうんざりした。

 「化石燃料の使用が地球の気候に影響を与えるということに科学者の同意はない」。「北極圏の氷の融解は異…

この記事は有料記事です。

残り2476文字(全文2786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです