特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

原爆は絶対悪 訴え続ける人々 核の悲劇、群像劇は問う=元田禎(広島支局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「河」の広島公演で労働者役を演じる板倉勝久さん(中央)=広島市西区で2017年12月、広島文学資料保全の会提供
「河」の広島公演で労働者役を演じる板倉勝久さん(中央)=広島市西区で2017年12月、広島文学資料保全の会提供

 ◆元田禎(ただし)広島支局

 広島原爆への怒りをつづった「にんげんをかえせ」の詩で知られる峠三吉(1917~53年)とその仲間を描いた「河」という戯曲がある。戦後の日本を施政統治した連合国軍総司令部(GHQ)による言論統制に抵抗し、原爆の絶対悪を訴えた若者を描く群像劇だ。作者の土屋清(30~87年)が活動拠点とした広島では29年ぶりに2017年に再演され、昨年には京都でも上演された。その足跡をたどった「ヒロシマの『河』」(藤原書店、土屋時子・八木良広編)も7月出版された。出演者らを取材した私は、本紙広島面で「『河』に魅せられた人々」を10回連載した。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2085文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集