メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

原爆は絶対悪 訴え続ける人々 核の悲劇、群像劇は問う=元田禎(広島支局)

「河」の広島公演で労働者役を演じる板倉勝久さん(中央)=広島市西区で2017年12月、広島文学資料保全の会提供

 ◆元田禎(ただし)広島支局

 広島原爆への怒りをつづった「にんげんをかえせ」の詩で知られる峠三吉(1917~53年)とその仲間を描いた「河」という戯曲がある。戦後の日本を施政統治した連合国軍総司令部(GHQ)による言論統制に抵抗し、原爆の絶対悪を訴えた若者を描く群像劇だ。作者の土屋清(30~87年)が活動拠点とした広島では29年ぶりに2017年に再演され、昨年には京都でも上演された。その足跡をたどった「ヒロシマの『河』」(藤原書店、土屋時子・八木良広編)も7月出版された。出演者らを取材した私は、本紙広島面で「『河』に魅せられた人々」を10回連載した。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2085文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです